ban_01_3.png
img1.png
良い姿勢・悪い姿勢ってなに?
誰しも子どもの頃に「姿勢が悪い」と注意を受けたことがあると思います。

「良い姿勢」とは、【右画像の左】のように耳、肩、股関節、くるぶしが一直線になっている状態を指します。

【右画像の右】は代表的な悪い姿勢を少し誇張したものですが、右の写真に比べて耳が肩より前に出ているのが分かると思います。

例えばこのような姿勢では肩こりや頭痛になりやすかったり、腰が痛くなったりなど様々な影響が出ると言われています。
shisei.png
姿勢が悪くなる原因ってなに?
姿勢が悪くなる原因はたくさんありますが、

例えば足を組む、カバンを片側にばかり持つ、パソコン作業の時画面の高さがあっていないなど、日常生活のちょっとしたことが積み重なって起こることがほとんどです。

そういったことが繰り返された結果、筋肉が弱ったり固くなったり、左右の骨盤や筋肉がアンバランスを起こしたりして、正しい姿勢を保つのが難しくなってきます。
姿勢を改善するにはどうすればいいの?
悪い姿勢は、筋肉・関節・背骨・骨盤・膝・足首など多くの原因が考えられます。

B.C Studio 神楽坂では、
日常生活の見直しながら、固まっている筋肉や関節を緩めて行き、
弱っている筋肉を鍛えたり、良い姿勢を意識・維持出来るように
ストレッチやケアの仕方をお教えいたします。
btm_01_tokyo.jpg